育毛剤 効果

育毛剤と養毛剤は効果に違いがある

現在、抜け毛対策や薄毛対策で育毛剤や養毛剤を使用している方も多いのではないでしょうか。

しかし、育毛剤と養毛剤の違いがわかっていない方も多いようです。

育毛剤や養毛剤を間違って使ってしまうと全く効果が出ない場合もあるようです。

ですので、育毛剤と養毛剤の事をしっかり把握して抜け毛や薄毛の対策をする事をおすすめします。

ここでは育毛剤と養毛剤の違いについてご紹介しています。

育毛剤について見てみると、似たような名前の商品があります。

それは、養毛剤と発毛剤です。

この育毛剤と養毛剤、発毛剤には全く異なった効果があり、その違いをしっかり把握する事が育毛剤選びを失敗しない事に繋がります。

現在、育毛剤を購入して抜け毛対策を行なおうとしている方は育毛剤と養毛剤の違いをしっかり見極める事をおすすめします。

育毛剤は髪の毛が育つのを促す役割がある

まず育毛剤についてはその名前の通り、髪の毛が育つのを促す役割をもっています。

現在、抜け毛・薄毛対策をしている方はこの育毛剤を使用している方が多いのではないでしょうか。

育毛剤の代表的なものは
・M-1 発毛・育毛ミスト
・ポリピュアEX
・プロペシア
・リアップ
・カロヤン

具体的には、フケやかゆみを抑え、毛が抜けるのを予防する役割をもっています。

養毛剤は頭皮や髪の健康状態を改善する役割がある

一方、養毛剤は、簡単に言うと頭皮の環境を整える役割をもっています。

頭皮を殺菌、あるいは血行促進し、髪の毛に栄養成分を補給します。

全体として、頭皮や髪の健康状態を改善する意味があります。

育毛剤は毛が抜けるのを防ぐという直接的な効果をもっている一方、養毛剤は幅広い効果をもっていると言っていいでしょう。

そして、最近登場してきたのが発毛剤です。

こちらは、育毛剤よりもはっきりした役割をもっています。それは、毛を生やすことです。

他の面からこれらの区別を行うと、薬事法による区別があります。

育毛剤は「医薬部外品」に分類され、発毛剤は「医薬品」に分類されます。

医薬品の発毛剤ですと医師の診断が必要になる場合もあり、また副作用もでる可能性もあるといいますので医薬品の発毛剤を使用する際には注意が必要になります。

医薬部外品はドラッグストアやインターネットでも手軽に買う事ができ副作用もありませんので安心して使用できると言っていいでしょう。

簡単に言うと、どちらも医薬品ではあるものの、育毛剤は化粧品と医薬品の中間的な位置にあります。

自分が薄毛対策・抜け毛対策をする際に求めるものを明確にする

そして、養毛剤は純粋に「化粧品」に分類されます。

例えばヘアトニックなどを例にあげればわかりやすいです。

一般的なヘアトニックは化粧品であり、養毛剤になります。しかしここに「薬用」と付けば、「医薬部外品」となってきます。

このように見ていくと、育毛剤は健康状態を改善しつつ、薬用成分によって確かな効果を得られるものと言えます。

育毛剤、養毛剤、発毛剤それぞれで効果などが全く異なってきます。

自分が薄毛対策・抜け毛対策をする際に何を求めるのかしっかり見極めてからこれらの育毛剤、養毛剤、発毛剤を使用するといいでしょう。

育毛剤選びを失敗しないために【知っておきたい育毛剤の効果】 メニュー

育毛剤選びを失敗しないために【知っておきたい育毛剤の効果】 トップへ
育毛剤の種類と成分の違いを見る
育毛剤の医薬品と医薬部外品の違い
育毛剤の効果を高めるためのコツを紹介
AGA(男性脱毛症)治療に使われる治療薬と育毛剤について
育毛剤の効果が現れない人の特徴

抜け毛を食い止めたい人へ、育毛剤ランキングサイト

薄毛・抜け毛に効果がある育毛剤ランキング!

健康維持に役立つサプリ紹介サイト

血液をサラサラにする DHA・EPAサプリ
ムクナ豆 通販